株式投資の背景知識

株式投資の背景知識として、ファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。通常はファンダメンタル分析とテクニカル分析のどちらかを用いることによって、実際に投資をするのかどうかを決めていくことになってきます。

 

ファンダメンタル分析は、様々な指標を使って企業の価値を評価していく方法です。ファンダメンタル分析の代表的な指標としては、まずPERがあります。

 

PERは株価収益率となっており、企業の純利益を元にして今の株価が一株あたりの利益の何倍まで買われているかを表します。???? Vol.107 ?????????????

 

通常はPERは低い程に株価が割安であることを示し、PERが高いと株価が割高であることを示します。

 

他の指標としては、ROEがあります。ROEは株主資本利益率となっており、株主の資本を効率的に経営に活かしているかを表しています。通常はROEが10を超えている企業は経営効率が良いとみられています。次にテクニカル分析は、チャートなどを使って株価の推移を分析することで売買のタイミングを計っていく方法です。テクニカル分析では、ローソク足チャートが有名となっています。チャートでは移動平均線を同時に表示させることで、今のトレンドを掴むことが容易となり、売買のタイミングを図りやすくすることが可能です。